【コレが知りたい①】キャバクラと高級クラブの違い

ハイレベルの接客が求められる高級クラブ


画像参照元:http://www.saitamabizgarden.com/wp/archives/1049

銀座エリアの高級クラブは、夜のお店を目指す女性の憧れの対象となっています。
キャバクラなどを経験してから高級クラブのホステスになる女性もいれば、キャバクラを飛び越してホステスとして働き出す女性もいるんですけど、そもそも”キャバクラと高級クラブの違い”はどこにあるんでしょうか。

高級クラブとキャバクラの違い(1)仕事内容

基本的な仕事内容は変わりません。
『お客様と同じテーブルで接客を行い、そこで男性を楽しませる』これがメインのお仕事です。
それに加えて、お客様の飲み物を作ったりおしゃべりをしてその場の雰囲気を良くしたり、必要に応じて同伴出勤やアフターなどもこなさなければいけません。

仕事内容について高級クラブとキャバクラの違いを敢えて挙げるとすると、高級クラブでは、よりハイレベルな接客が求められますね。
話の内容も知的で経済や政治に関する話題が上りやすい高級クラブ。

一方のキャバクラは、居酒屋トークの延長線上にある感じ。

高級クラブで働くなら、そんな知的で経済や政治に関する話にもついていかなければいけません。
これもホステスの重要なお仕事の一つなんです。

キャバクラとは違う高級クラブのシステムや料金

高級クラブとキャバクラの違い(2)システム

お仕事そのものは大して違いがないんですけど、それ以外にはチラホラと違いが出てきます。

例えばですけど…

六本木の高級クラブ会員制を敷いているところがほとんどで、つまりは一見さんは来店できないようになっているんです。
初めてのお客様に関しては既にそのクラブを利用したことがあるお客様の紹介が必要になるっていうことですね。

キャバクラは会員制にしているところは逆にほとんどないので、誰でも気軽に入ることができる、そんな違いがあります。

高級クラブとキャバクラの違い(3)料金

高級クラブはとにかく高い。
基本料金やセット料金と呼ばれるものが1時間1万円前後かかって、その他にテーブルチャージやボーイチャージ、ホステスチャージなど諸々のチャージ料がかかった上で、お酒の料金やお水、お料理の料金が別途かかります。

それにサービス料が加算されて、結局客単価にすると7万円前後はかかりますね。
お客様がうっかり高いお酒を飲んでしまえば10万円を超えることも珍しくありません。

キャバクラの料金システムは、1時間いくらという形で、この額が8,000円前後でしょうか。
女の子の指名料が数千円かかって、お酒を頼むごとに料金が加算されていくんですけど、客単価にすると2万円から3万円程度、高くても5万円くらいですね。

この違いだけを見ても、高級クラブとキャバクラの格の違いがわかるのでは?
もちろん、それぞれで働く女性の待遇なども変わってくるわけです。

お客様を熟知しキャストを配置するママ


画像参照元:https://www.hachi8.me/ginza-koukyuukurabu-yabai/

キャバクラには存在しない“ママ”。
高級クラブにもこのママは存在しているんですけど、これってどんな役割を担っているんでしょうか。
その存在意義を知っておくと、高級クラブで働く上で役に立つかもしれませんよ。

高級クラブのママの存在意義とは

ママによってお店の売上が変わることも珍しくありません。
ママ目当てに来るお客様も、当然山ほどいますしね。
ママは言ってみればお店の顔。
雇われていたり自分のお店で働いていたりと、その形はいろいろですけど、お店の中の序列で頂点に君臨していることは共通しています。
指名客を抱えて売上を上げることができる女性や、まだまだ経験の浅い若いヘルプの女の子をまとめるのが、ママの存在している意義の一つなんです。

ママは、お店について熟知しています。
それだけではなくて、お店を訪れるお客様についての情報も頭に入っていて、その中でも特にキャストの女の子たちにとって重要になってくるのは、お客様の女性の好み。

お客様が好きそうな女の子がいたら、その子とお客様を接触させたりするんです。
すると指名や同伴なんかのバックが若い女の子についたりして、少しずつ稼げるようにもなるわけです。

まあ、その売上も大半はママに持っていかれるんですけど、高級クラブのシステム上、これは仕方のないこと。
働き始めは、そのような形でお客様に自分の存在を知ってもらう、それが大事で、そのサポートをしてくれることが、ママの存在意義でもあるんですね。

時にフォローや相談に乗ることもしてくれるママ

高級クラブのママになるくらいですから、それなりに経験を積んでいます。
この世界の酸いも甘いも知っていて、ちょっとやそっとのことでは動じないメンタルも備わっているでしょう。
そんなママに相談相手になってもらえば、小さな悩みや心配事なんてすぐに解決してしまうかもしれません。

ママの性格だったりお店のシステムによっても違いますけど、若い女の子に対してはしっかりとフォローしてくれるママも多いですよ。
ママとキャストとの関係性は銀座よりも六本木の方がフランクだと言われています。
平たく言ってしまうと、仲が良いってこと。
話もしやすいし、お仕事以外の相談相手にもなってもらえるかもしれません。

このように、高級クラブのママというのは

  • 売上アップ
  • 指名客獲得
  • 不安や心配事解消に貢献してくれる

キャストにとっては重要な存在なんですね。
実際に接してみると、その存在意義の大きさや大切さが実感できるのではないでしょうか。
良いママに出会うことができれば、良いキャスト人生を歩むことができるでしょう。
最近は優しくてお世話好きなママが増えてきましたから、きっと素敵なママと出会うことができるはずです。