【コレが知りたい⑦】高級クラブを引退する時期と引退後について

独立してママになるホテステスさんもいます

高級クラブで働いていると、毎日がとても忙しく、あっという間に時間が過ぎていきます。
収入はしっかりと得ることができるんですけど、気が付くと人生を考える年齢に差し掛かっていて、その時に悟るんですね。
「あ、そろそろ引退かも」と。

多くのホステスが、20代前半でこの世界に飛び込んで、きっと20代の半ばくらいで先のことを考え始めるんじゃないでしょうか。
女性が人生を考える年齢というのは意外と早いものなんです。

20代後半になると、実際にお店を辞めるホステスさんが増えていきます。
この年代がきっと一番多いでしょうね。
売れていて人気のある女性でも、30歳手前で突然辞めてしまうなんてことも珍しくはありません。

引退後に独立してママになるホステス

ものすごく厳しい世界なので数は多くないですし、独立するとしても必ず銀座や六本木に高級クラブをオープンさせるとは限りませんけど、ホステス引退後の一つの道としては、とても素晴らしい選択ですよね。

独立してママになると、自分の思い通りの運営・経営ができるようになるんです。
ここに憧れる女性は本当に多くて、お客様の支援が得られれば、この道を選ぶことも比較的しやすくなりますよ。

結婚をして完全に引退する女性も少なくありません

高級クラブで、せっかく人気を博しているのに引退していく女性たち。
その多くは、結婚して辞めていきます。
もちろん昼間のお仕事を始めたり、水商売とは関係のない商売を自分で始める女性も多いんですけど、お店やお仕事で出会った男性と結婚するために引退するホステスさんも決して少なくありません。

「ホステスとお客様が結ばれることなんであるの?」
と疑問に思う人もいるかもしれませんけど、あるんですよ。

キャバクラ嬢なんかよりも、もしかしたらあるんじゃないかな。
銀座や六本木の高級クラブに来る男性は、お金持ちばかりです。

地位も名誉も手に入れていて、経済的には何も困ることがない。
将来性も高くて、しかもそういう男性は心にも余裕があるから、女性の扱いも上手ければ、ちょっとしたことでは感情的にならない。
そんな男性と接しているアラサーのホステスであれば、「こんな人と一緒になったら不自由なく暮らせるのかな」と考え始めても不思議じゃないですよね。

私も、そんな風に思ってしまった男性が何人もいました。
女性はある年齢に差し掛かると、急にそんな風に思ってしまったりするものなんです。
ホステスも例外ではありません。

どのような道を選ぶにしても、その前に必ず引退が訪れます。
その時のために精一杯働くんです。
その頑張りによって、自分のお店を持つにしても男性と一緒になるにしても、その後の結果が大きく変わってくることだけは間違い無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です